IR情報 IR INFORMATION

株主・投資家の皆様へ

代表取締役社長 木下 和彦
SDGsが企業活動の基軸となるように
経営の舵を取ります。
代表取締役社長木下 和彦

当社の最も重要なポリシーは、「永続的に利益を計上し続ける企業となること」であります。

コンパクトな企業はまず第一にゴーイングコンサーンを保証するための経営、特に、財務安全性を念頭においた経営が望まれます。

そのうえで、毎期継続的に利益を計上する経営体質を維持することが重要と考えております。

経営体質においては、特に、環境(Environment)、社会(Social)に配慮した活動を行い、すぐれた企業統治(Governance)が内在する企業であるように努力を重ねてまいります。

また、新中期経営計画で掲げましたように、SDGsが企業活動の基軸となるように経営の舵を取りながら、カーボンフリー技術や新規技術にもコントロール可能なリスクをとって経営資源を投入してまいりたいと考えております。

株主の皆様、投資家の皆様におかれましては、着実に少しずつ進歩できる企業であることを期待していただきたいと存じます。