仕事を知る

モノづくりは多くの人たちと関わりあう仕事。
設計から製造そして販売まで、他部署や周りを巻き込み、情報共有しながら全社一丸となってエンジンをつくりあげ、自信を付加してお客様に届けます。

技術部

技術部

当社受注製品の設計や新製品の開発を担う部署となります。設計は営業部とお客様を訪問し受注活動やどのようなエンジンをつくるかを決定後、CAD等を使用し図面を作成していきます。この図面を基に様々な製造部門が動き出すため、会社の頭脳としての重要な役割を担います。また、新たな発想での新たな技術に日々挑戦するチャレンジャーの集団です。

サービス部

サービス部

当社製品をお客様に引渡したあと(就航後)、トラブルやメンテナンス対応を行います。定期的なメンテナンスによってお客様に満足して頂くだけでなく、当社製品に対する要望や意見を聞き取り、それを社内に伝えていくことで次の受注に繋げる、さらには次の新設計に反映するといったことも大事な役割になります。

品質保証部

品質保証部

当社の製品がつくり出される過程で不良を出さないよう品質管理を行っている部署です。自主検査制度も導入しており、品質向上に日々取り組んでいます。また、ISO9001品質マネジメントシステムの維持管理も行っています。品質は製造業の命であることを体現しています。

生産管理部

生産管理部

技術部が作成した図面に基づき、どのようにつくるか生産計画を策定し、各部署へ必要な指示を出します。その指示を受け各機器メーカーや外注工場へ、自社でつくれない部品等の発注を行う仕事もあります。生産にムダがないように、最低のコストで最良の製品をつくる指示役を担当しています。この部門は製造部門の統括役といっても過言ではありません。

第一製造部

第一製造部

生産管理部から出た指示に基づき、エンジン部品の鋳造や、エンジン部品やプロペラ等の機械加工の業務があります。匠の技術を必要としながら、NC装置の活用を考えていく必要性が増しています。また、当社事業の2本柱の1つでもある鋳造・金属機械加工(特販)を担うのも、第一製造部になります。今後は製造部から事業部への成長が強く望まれます。

第二製造部

第二製造部

エンジンやプロペラ等の塗装、組立、工場運転準備、陸上公試運転、発送準備、出荷までの業務を行います。どんなトラブルがあってもお客様の納期には必ず間に合わすという信念が必要とされます。ただし、最低のコストでの両立が要求されますので、生産管理部とのコラボレーションが成果を大きく左右します。製品の出荷後も造船所での組立や運転立会、製品引渡しまでを担いますので、営業・サービス関連の手腕も要求される部門です。

営業部・東京支店

本社・東京支店・福岡営業所の3拠点で、日本国内は北海道から沖縄までと海外のお客様を網羅しています。当社はルート営業でお客様は船主・造船所・オペレーター等となり、皆様を繋げることで案件を受注していきます。エンジンの技術面でのサポートも要求されますので、日々の努力がものをいいます。当社の業績に直接的に貢献する部門となります。

部品販売部

製品引渡し(就航)後の補用部品受注・発送を主な業務としています。扱う部品はパッキン・ピストンリングといった消耗品からクランク軸といった大物部品等の購入機器に至るまで多岐にわたり、当社のビジネスモデルの重要な一環となります。

内部監査室

社内のリスクを洗い出し、不正の発見や未然の防止によって、社員が安心して働ける環境づくりを提供しており、コンプライアンス全般に関する仕事を担っています。裏方の目立たない仕事がほとんどですが、他社の例では会社の生死を左右する場面にも登場する重要な部門です。

HNPS推進室

「NPS研究会」の改善活動によって経営効率を上げるという理念を基に、全社のしくみや作業の効率化を積極的に進める部署で、日々社内の徹底的なムダを取り除き経営効率向上のため活動しています。

CMR推進室

当社技術の3本柱である「Casting(鋳造)」「Machinery(機械加工)」「Repair(修理)」を活かし、これまでの鋳造・金属機械加工(特販)事業の拡大を担う部署です。当社事業の2本柱の1つを担う大事な部署であり、第一製造部や第二製造部と連携しながら拡販を図っています。

企画部

経営企画を担うとともに会社の予算やコスト管理といった面で製・開・販の各部門を支援しています。また、IT戦略の構築や社内のネットワークやシステムの構築・管理を担当し従業員の業務円滑化や効率化を図っています。総務部とともに縁の下の力持ちの部署となっています。

総務部

従業員に関する事務全般の業務、人材育成や人事制度、ISO14001に関する事項、工場の営繕や健康保険組合その他多岐にわたる業務、本社では経理と秘書、株式実務を担う業務の仕事をしています。仕事範囲は会社活動全般を網羅し支援することになるため、企画部と同様に縁の下の力持ち的な部署です。